■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月26日の小話 ろうそくちくわ

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月26日の小話

ろうそくちくわ

ろうそくちくわ

 むかし、田舎に住んでいる男が町に出て、生まれて初めて、ちくわを食べました。
 大変おいしかったのですが、名前がわかりません。
 それでも村に帰って、みんなに自慢しました。
「丸くて、細くて、中にしんがあって(→ちくわとは、竹輪と書き、竹にちくわのもとを巻いて焼きます。この場合のしんとは、その竹の事です)、白い物だ」
 これを聞いた男が、自分もちくわを食べたくなって町へ探しに行きました。
「すみません。名前はわからないのですが、丸くて、細くて、中にしんがある、白い物を探しているんだが」
「はい。丸くて、細くて、中にしんのある、白い物ですな。それなら、これでしょう」
 店の人はそう言って、ろうそくをさし出しました。
「なるほど。確かに丸くて、細くて、中にしんがあって、白いな。ではさっそく」
 男は店を出ると、さっそくろうそくを食べてみたのですが、これがちっともうまくありません。
 この事を、男が村へ帰って自慢げに話すと、庄屋さんが言いました。
「お前が食ったのは、ろうそくといって燃える物だ。すぐに水を飲まんと、腹が燃え出すぞ」
「なにっ、それは大変!」
 男はあわてて池に飛び込んで、水をガブガブと飲んだそうです。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 幽霊の日
きょうの誕生花 → ステファノティス
きょうの誕生日 → 1950年 萩原健一(俳優)

きょうの新作昔話 → 狩りをやめた殿さま
きょうの日本昔話 → 娘の寿命
きょうの世界昔話 → ウサギのお嫁さん
きょうの日本民話 → ろくろ首を退治した坊さん
きょうのイソップ童話 → ペテン師
きょうの江戸小話 → ろうそくちくわ

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:16:35 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。