■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月24日の小話 ちょうずをまわせ

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月24日の小話

ちょうずをまわせ

ちょうずをまわせ

 むかし、ある村に、お代官さまがやってきました。
「ささあ、どうぞこちらへ」
 村の代表である庄屋さんは、お代官さまを屋敷へ案内して、ごちそうをしました。
 すると、お代官さまが、
「かわや(→便所)へ行く。ちょうずをまわせ」
と、言いました。
「はい、かわやはこちらです」
 庄屋さんは、お代官さまをかわやに案内したものの、『ちょうず』というのが何の事か、どんな物なのか、さっぱりわかりません。
 そこで物知りの和尚さんの所に使いを出して、『ちょうず』という言葉の意味を、聞いてこさせました。
 するとしばらくして、
「わかりました。『ちょうず』とは、長い頭の事だそうです」
と、使いの者が言うと、
「よし、村で一番長い頭をした者を、連れて来い」
と、庄屋さんが言いました。

 さて、お代官さまがかわやから出ると、庄屋さんが長い頭の男を座らせて、その頭を両手で力いっぱい、回そうとしています。
「・・・? これ、なにをしておる?」
「はい、ちょうずを回そうとしておるのですが、これがなかなか回りません。うんこらしょ」
「この村の者は、よくよく物を知らんのだな。『ちょうず』とは、手を洗う水の事じゃ。はよう持ってまいれ」
 お代官さまは、ほとほと、あきれ果てたそうです。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 劇画の日
きょうの誕生花 → すいれん
きょうの誕生日 → 1963年 河合奈保子(歌手)


きょうの日本昔話 → ぶんぶく茶がま
きょうの世界昔話 → リンゴの枝とタンポポ
きょうの日本民話 → こぼし石
きょうのイソップ童話 → 踏みつけられたヘビ
きょうの江戸小話 → ちょうずをまわせ

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:25:49 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。