■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月22日の小話 うなぎの天登り

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月22日の小話

うなぎの天登り

うなぎの天登り

♪ 朗読再生

 ある日、江戸っ子の三吉(さんきち)が川へ釣りに出かけて、大きなうなぎを釣り上げました。
「こいつは、大物だ」
 三吉は、さっそくうなぎの口から針を抜いて、片手でつかもうとすると、うなぎは、ぬるっと上へ逃げます。
「逃げすもんか」
 急いで、もう片方の手でつかむと、また上へぬるりと逃げます。
 あわてて、またもう一方の手でつかまえると、また、ぬるりと上へ。
 上へ上へと、うなぎが逃げるので、三吉も、上へ上へとうなぎをつかまえていると、だんだん、うなぎにつられて、空に登って行ってしまいました。
 それからたちまち、一年という月日がたってしまいました。
 あれっきり、三吉は帰ってきません。
 長屋の者たちが集まって、
「三吉は、もう死んじまったろう」
と、葬式を出しているところへ、空から手紙が、ひらひらと落ちてきました。
 読んでみると、
《去年の今日、うなぎと一緒に天に登ったが、なかなかしぶとい奴で、まだ、うなぎを追いかけて上へ上へと登っている。三吉より》
と、あり、すみっこのほうには、
《三吉は、うなぎをつかんでいて手が放せないから、代筆(だいひつ→本人の代わりに書くこと)をした。天のカミナリより」
と、書いてありました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 下駄の日
きょうの誕生花 → まつよいぐさ
きょうの誕生日 → 1959年 森公美子(オペラ歌手)


きょうの日本昔話 → 不思議な岩穴
きょうの世界昔話 → オオカミ男
きょうの日本民話 → カエルの袈裟衣
きょうのイソップ童話 → メンドリとツバメ
きょうの江戸小話 → うなぎのてんのぼり

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:41:17 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。