■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月21日の小話 うなぎのかぎ賃

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月21日の小話

うなぎのかぎ賃

うなぎのかぎ賃

 むかし、ある、けちんぼうな男がいました。
 毎日毎日、ごはんどきになると、うなぎ屋の前へ出かけて行っては、腹いっぱいに、うなぎのにおいを吸い込み、そのまま家へ飛んで帰って、うなぎのにおいでごはんを食べるのです。

 さて、それに気がついたうなぎ屋の親父は、
「においだけで飯を食うとは、なんちゅうけちだ。よし、あのような奴からは、においのかぎ賃を取ってやろう」
と、さっそく帳面(ちょうめん)につけておき、月末になると、男の家にかぎ賃を取りにやって来ました。
 すると、けちんぼうな男は。
「やい、おれはうなぎ屋に、借金をした覚えはないぞ!」
「いえいえ、これは、うなぎのかば焼のかぎ賃でございます。えーと、しめて八百文(一文は30円ほど)ですな。においをかいで食べたつもりになっておりますので、こちらも、食わせたつもりで銭を取りに来ました」
 うなぎ屋がすましていうと、男は仕方なく、ふところから八百文取り出しました。
「へい、確かに八百文。ありがとうございました」
 うなぎ屋が、にこにこ顔でお金を受け取ろうとすると、男はそれを板の間へ放り投げました。
 チャリーン。
 チャリーン。
 お金が景気の良い音をたてると、男はうなぎ屋に言いました。
「においの代金は、音で払おう。それ、銭の音を聞いただろう。本当に銭を受け取ったつもりで、帰んな!」
 この勝負、うなぎ屋の負けでございます。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 自然公園の日
きょうの誕生花 → ルドベキア
きょうの誕生日 → 1962年 羽賀研二(タレント)

きょうの新作昔話 → 鬼を退治した男の子
きょうの日本昔話 → 麦の粉
きょうの世界昔話 → 二本のロウソク
きょうの日本民話 → 日田(ひた)どん
きょうのイソップ童話 → ウシとライオンの母親と狩りゅうど
きょうの江戸小話 → うなぎのかぎ賃

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 08:07:33 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。