■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月19日の小話 かみなり嫌い

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月19日の小話

かみなり嫌い

かみなり嫌い

 むかしむかし、江戸に、民之助(たみのすけ)という侍(さむらい)がいました。
 この侍、酒は大好きですが、困った事に、かみなりさまが大嫌いなのです。
 それも、ちょっとやそっとではなく、遠くの方で、『ゴロゴロ』と鳴っただけで、もう体中がブルブルと震えるほどです。
 そんな事だから、嫁のきてもありません。
 ある日の事、このかみなり嫌いが、仲の良い友だちと酒を飲んでいました。
「おい、民之助。お前は、えらくかみなりさまが嫌いだが、そんな物ぐらい、自分で何とかならんのか?」
「ならん! かみなりが怖いなんて、我ながら意気地(いくじ)がないと思うが、そいつだけは、どうにもならん!」
「どうしてもか?」
「ああ、何しろ、かみなりの来そうな日は、もう、朝から気が落ち着かん。それに、いったん、ゴロゴロと鳴り出したら、身も心も、この世にはない」
 民之助は、いかにもつらそうに、正直なところを白状(はくじょう)しました。
 それを聞いた友だちは、心の中で、
(この男、剣を持たせば、なかなかの腕前なのに、おかしな奴だ)
と、思いながら、しばらくと考えていましたが、
「ああ、そうそう。お前、酒の方は、いける口だったな」
「うん。いけるもなにも、こいつがなくては、これまた、身も心も、この世にないわ。はははっ」
と、民之助が、苦笑いすると、友だちはピシャリと膝を叩いて言いました。
「そうか、それなら、お前のかみなり嫌いが、ピタリと止まる方法があるぞ」
「えーっ! そんなうまい方法がか? ぜひ教えてくれ!」
「うむ。だが、結構、辛い事だぞ。教えたところで、やれるかどうか」
「何を言う。やれるかやれんか、試してみんことには、わかるまい」
「では、教えよう。いいか。これをやめるんだ」
「なに?」
「お前の好きな、この酒を、きっぱりやめてみろと言っているのだ。だが、やめるといっても、そう長い間ではない。かみなりが鳴り出すまでだ。鳴り出したら、とたんに、飲み始めて構わんぞ。どうだ」
「よしっ。やってみせる!」
 それからというもの、民之助は、友だちとの約束を、とにかく守りました。
 あれほど好きな酒を、じーっと飲まずにがまんしました。
 暑さのきびしい日や、疲れのひどい時などは、たまらなく酒が飲みたくなります。
(ああ、一杯飲みたいなあ。いやいや、こういう時こそ、がまん)
 するとある日、雨雲が空一面に広がりました。
(そら、酒が飲るぞ)
 民之助は踊りあがって、酒の支度に台所ヘ走ります。
 ピカッ!
 とっくりをつかんだとたんに、稲光が走り、
 ゴロ、ゴロ、ゴロー!
と、かみなりが鳴りましたが、
「やれ、ありがたや。よく来てくれた、かみなりどの」
と、民之助は、茶わんととっくりを、えんがわに持ちだすと、どっかりとあぐらをかきました。
 ゴロ、ゴロ、ゴロー!
 ザザザザーッ!
 かみなりは鳴る、雨は滝のように振ります。
 それなのに、民之助は、うれしそうに酒を飲んでいます。
 かみなりの怖さよりも、お酒が飲るうれしさの方が、強かったのでしょう。
 それから民之助のかみなり嫌いは、すっかり治ったということです。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → マッターホルン北壁登頂の日
きょうの誕生花 → がま
きょうの誕生日 → 1964年 近藤真彦(俳優)

きょうの新作昔話 → 古い木まくら
きょうの日本昔話 → びょうぶのトラ
きょうの世界昔話 → 世界一気前のいい男
きょうの日本民話 → 打ち出の小づち
きょうのイソップ童話 → お百姓と木
きょうの江戸小話 → かみなりぎらい

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:25:11 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。