■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月18日の小話 あわてふろしき

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月18日の小話

あわてふろしき

あわてふろしき

 むかし、寺の和尚さんというものは、魚や肉を食ベてはいけない事になっていました。

 さて、寺男(てらおとこ→お寺の雑用係)の太作(たすけ)が急ぎ足で帰ってくると、ガラっと、台所の戸を開けて中に入りました。
「和尚さま。今さっき、珍しい物を見てまいりました」
「ふむ、そりゃ、何じゃな?」
 太作は、ニヤッと笑って言いました。
「はい。横町の魚屋に、和尚さまの大好きな、タコがございました」
 タコと聞いて、和尚さんは慌てて口に、人差し指をあてて、
「しっ!」
と、太作をしかりつけてから、小さな声で言いました。
「お前、大きな声で何て事を言うんじゃ! あれはな、タコと言うてはならん」
「へい。では、何て言えば」
「あれは、手が八本あるから、八手(やつで)と言うのじゃ。誰もおらなんだから、よかったものの。・・・して、その八手が、どうした?」
「はい、そのタコ、いや、その八手でございますが、それがまた、えらく大きなやつで」
「ふむ、大きかったか。それは良い事じゃ。して、そいつの頭は、どれほどじゃ?」
「はい。それは、その・・・」
 太作は、あちこち見回して、和尚さんの頭を指さしました。
「そうそう、ちょうど、和尚さまの、その頭ほどで」
 それを聞いて、和尚さんは、ごくりとつばを飲み込みました。
「ほほう。この頭ほどあったか。なるほど、それは大きいわい。して、その八手は、古いか? 新しいか?」
「はい、新しゅうございます」
「よし、では、さしみで食べるか。して、色つやは、どうじゃ?」
「はい。和尚さまの、そのお顔の様に、赤うございました」
「なるほど、なるほど。そいつはうまそうじゃ。では、人に知れんように、買うてきてくれ」
「はい」
 二人は顔を見合わせて、ニヤリと笑いました。
 ちょうどその時、ガラリと台所の戸が開いて、
「和尚さま」
「和尚さまは、おいでか?」
と、壇家(だんか→むかしから、そのお寺と付き合いのある家の人)の者が二、三人やってきました。
 ハッと思った寺男は、急いで、そばにあったふろしきを広げると、和尚さんの頭に、すっぽりとかぶせて、
「八手は、留守じゃ。八手は、留守じゃ」
と、言ったそうです。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 光化学スモッグの日
きょうの誕生花 → マリーゴールド
きょうの誕生日 → 1980年 広末涼子(俳優)


きょうの日本昔話 → ふしぎな和尚さん
きょうの世界昔話 → 愛の竪琴
きょうの日本民話 → かぶと島
きょうのイソップ童話 → おじいさんと死に神
きょうの江戸小話 → あわてふろしき

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:53:20 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。