■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月15日の小話 無理な願い

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月15日の小話

無理な願い

無理な願い

♪ 朗読再生

 お世辞にも、美人とは言えない女が、亭主(ていしゅ)の浮気で苦労をして、ポックリと死んでしまいました。
 地獄(じごく)のオニたちが、女をえんま大王のところに連れて行くと、女が言いました。
「えんまさまに、お願いがございます。なにとぞ、私を幽霊にして、しゃば(→人間が住んでいる世界)へ、帰らせて下さい。あの憎い亭主にたたってやらねば、死んでも死にきれません!」
 えんま大王は、これを聞くと、
「しかしなあ、むかしから幽霊は、美人がなるものと決まっておるのじゃ。気持ちは分かるが、その顔ではなあ」
「そっ、そんなあ・・・」
 女が落ち込んでいると、気の毒に思ったオニたちが女に耳うちをしました。
「おい、幽霊ではなく、化け物にしてもらえ、化け物に」
 それを聞いたえんま大王が、ポンとひざを打って言いました。
「よし、化け物としてなら、その願いを叶えてやってもいいぞ」
「本当ですか? ええ、この際、化け物でも何でもかまいません。いえ、どうせなら、ものすごい顔の化け物にしてください。その方が、亭主を驚かす事が出来るでしょう」
「うむ、任せておけ。とびっきりもの凄い顔の化け物にしてやるぞ。・・・さあ、それでは行くぞー。えい!」
 えんま大王の気合いとともに、女は自分の家に戻っていました。
(よし、亭主に恨みをはらすぞ。・・・しかし、どんな化け物になったんだろう?)
 女は気になり、持っていた手鏡で自分の顔を見てみました。
「・・・!!」
 何とそこにうつっていたのは、今まで通りの自分の顔だったそうです。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → ファミコンの日
きょうの誕生花 → のうぜんかずら
きょうの誕生日 → 1966年 永瀬正敏(俳優)


きょうの日本昔話 → そら豆の黒い筋
きょうの世界昔話 → おばあさんの家
きょうの日本民話 → かわり者「阿波のデコ忠」
きょうのイソップ童話 → 川にフンをしたラクダ
きょうの江戸小話 → むりなねがい

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:38:02 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。