■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
7月13日の小話 紙のふんどし

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 7月の江戸小話

7月13日の小話

紙のふんどし

紙のふんどし

 何日も飯にありつけないでいた浪人(ろうにん→お城で働いていない武士の事で、たいていが貧乏)が、隣の家へ食事に呼ばれました。
「さあさあ、ただの麦飯だが、遠慮無く、お食べなさい」
「これはかたじけのうござる。それでは、お言葉に甘えまして」
 さあ、この浪人の食べる事、食べる事。
 まるで麦飯が、親の仇かの様に食べます。
 隣の家の人が心配するほど食べて、さらに、おかわりを頼みました。
 すると、浪人の大きくなった腹が、
 パチン!
と、大きな音を立てました。
 それを聞いて、家の人がびっくり。
 あまりにも食べ過ぎたので、浪人の腹が破裂したに違いないと、思ったからです。
「たっ、大変だ! 急いで、手当をしないと! さあ、まずは、帯をときなされ」
 すると浪人は、決まりが悪そうに、ポリポリと頭をかくと、
「心配ない。さっきのは、金がないので紙で作ったふんどしのひもが、食い過ぎて切れた音じゃ」

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → オカルト記念日
きょうの誕生花 → へびいちご
きょうの誕生日 → 1977年 鈴木紗理奈(タレント)


きょうの日本昔話 → 耳なし芳一
きょうの世界昔話 → 眠れる森の美女
きょうの日本民話 → なべのふた
きょうのイソップ童話 → 小ガラスとハト
きょうの江戸小話 → かみのふんどし

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:10:46 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。