■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月29日の小話 いれ目

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月29日の小話

いれ目

いれ目

 むかし、たいへん上手だと、ひょうばんの眼医者がおりました。
 ある日、ちりょうにきた病人の目をみて、
「これは、かんたんな病気じゃ。目玉を取り出し、薬草の煮汁であらえば、すぐになおってしまう」
と、さじで、両方の目玉をくるりと取り出して、目玉を薬であらうと、えんがわで、かわかしておりました。
 すると、空からトンビがまいおりてきて、あっというまに、目玉をさらっていってしまいました。
「これはたいへんじゃ」
 眼医者はこまって、かわりに、庭でねていた犬の目玉をくりぬき、病人の目にはめこんでしまいました。
 病人は、たちまち目がよくなり、
「なにもかも、よくみえるようになりました」
と、よろこんで帰りました。
 ところが、二、三日して、この病人が医者のところにやってきて、こういいます。
「おかげさまで、目はよくみえるようになりました。ですが、おかしなことに、生ゴミがおいしそうにみえますし、客がくると、かみつきたくなって、こまります」

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 星の王子様の日
きょうの誕生花 → あじさい
きょうの誕生日 → 1959年 引田天功(2代目・奇術師)


きょうの日本昔話 → かじかびょうぶ
きょうの世界昔話 → ハエの城
きょうの日本民話 → コウノトリの恩がえし
きょうのイソップ童話 → シカとブドウの木
きょうの江戸小話 → いれ目

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:53:11 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。