■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月27日の小話 病人がへた

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月27日の小話

病人がへた

病人が下手

 やぶ右衛門(やぶざえもん)先生という、お医者がおりました。
 このお医者さんは、、あまりはやらない医者です。
と、いうのも、ちりょうにきた病人はどういうわけか、みな、前よりもぐあいが悪くなってしまうのです。
 おくさんは、ふしぎにおもって、
「もし、おまえさま。おまえさまのちりょうは、なぜ、こうもききませぬのか。おまえさまは、よっぽど、へたなやぶ医者なのですねえ」
 すると、やぶ右衛門先生は、
「いやいや、わしは、上手医者じゃ。だがな、病人が、みなへたなのじゃ。だから、ちりょうしてもきかぬ」
「まあ、どうして、病人がへたなのです?」
「わしは、書物に書いてあるとおり、ちりょうをしておるのに、病人のほうが、書物どおりに、なおってくれぬのじゃ」
 こういう医者を、やぶ医者と申します。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 日照権の日
きょうの誕生花 → びわ
きょうの誕生日 → 1980年 優香(タレント)


きょうの日本昔話 → 大福虫
きょうの世界昔話 → 鼻の白いネコ
きょうの日本民話 → 身投げ石
きょうのイソップ童話 → 父親と2人の娘
きょうの江戸小話 → 病人がへた

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:12:35 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。