■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月23日の小話 でき心

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月23日の小話

でき心

出来心

 バカなどろぼうもあったもので、ひどく貧乏な、ひとり者の家にどろぼうに入り、おし入れからゆか下までのぞいてみましたが、なんにもありません。
「まったく、ひどいうちだ。こんなになにもない家は、みたこともないわ」
と、ぶつぶついいながら、そこいらをかきまわしておりますと、せんべいぶとん(わたの少ない、うすい安物ふとん)にくるまってねていた、ひとり者が目をさまして、
「どろぼう、どろぼう」
と、さわぎだしました。
 どろぼうは、あわててものかげにかくれますと、ひとり者は、そこいらをみまわして、
「さてさて、よくもよくも、ぬすみおったな。着物ものこらずなくなるし、銭ばこの金も全部なくなってしもうた。これこのとおりと、大家にほうこくしなくては」
と、出かけようとします。
 それをきいたどろぼうは、大そう腹を立てて、ものかげから飛び出してくると、
「ありもしないものを取ったなどと、うそをつくとは、なんちゅうやろうだ。べらぼうめ、このままじゃあおかねえ。うそつきは、どろぼうのはじまりという言葉をしらねえのか」
と、ねじふせられました。
 ひとり者は、土下座(どげざ→地面に、手足をついてあやまること)してあやまり、
「すみません、すみません。ほんのでき心なんです」
 これでは、どちらがどろぼうかわかりません。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 踏切の日
きょうの誕生花 → みやこわすれ
きょうの誕生日 → 1967年 南野陽子(女優)

きょうの新作昔話 → 敵に塩を送る
きょうの日本昔話 → なぞかけあねさま
きょうの世界昔話 → 大きな家と小さな家
きょうの日本民話 → カメの恩返し
きょうのイソップ童話 → ライオンとプロメテウスとゾウ
きょうの江戸小話 → でき心

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:48:32 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。