■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月22日の小話 おたばこいれ

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月22日の小話

おたばこいれ

おたばこ入れ

 むかしむかし、一けんの家に、どろぼうが入りました。
 さて、何かぬすもうかなと、あちらこちらみまわしましたが、この家には、たんすもなければ米びつに米もありませんし、みそおけにはみそもはいっていません。
「うむ、・・・それほど貧乏にはみえなかったが、いやはや、ひどい貧乏ぐらしだわい」
 さすがのどろぼうも、あわれにおもって、ねている夫婦をゆりおこすと、
「おれはどろぼうだが、おまえたちが、あんまりにも貧乏なのには、おどろいた。おかしなはなしだが、少しめぐんでやろう」
と、銭を百文(いまの価値で、三千円ほど)ほどを、主人に手わたしました。
 わずか百文でも、この夫婦には大金です。
 二人はたいへん喜び、どろぼうをおがみながら、お金をうけとりました。
 どろぼうは、すっかりいい気持ちになって、今日は帰ることにしました。
 しばらくいくと、
「おーい、どろぼうー、どろぼうー」
と、先ほどの家の主人が、おいかけてきます。
「おのれ、おんをあだでかえす、ちくしょうのようなひとでなしめ。そばにきたら、まっぷたつにしてくれよう!」
と、刀のつかに手をかけて待っていると、ようやくおいついた主人が、
「どろぼうさま。さきほどはありがとうございました。あの、おたばこいれをおわすれです。はい」

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → ボウリングの日
きょうの誕生花 → かんぞう(やぶかんぞう)
きょうの誕生日 → 1964年 阿部寛(俳優)


きょうの日本昔話 → こんにゃくえんま
きょうの世界昔話 → 3匹のクマ
きょうの日本民話 → 大火事を知らせた男
きょうのイソップ童話 → ライオンとクマとキツネ
きょうの江戸小話 → おたばこいれ

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:38:02 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。