■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月21日の小話 おいはぎかご

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月21日の小話

おいはぎかご

おいはぎかご

 むかしは、いまのように、がいとうなんぞというものがありませんでしたから、夜道はまっ暗です。
 それで、よく、おいはぎ(通行人をおどかして、衣類や持物などをうばう人 →詳細)が出たものでした。
 あるお店のだんなが、江戸の新橋(しんばし)のあたりから、かごにのりました。
 少しいくと、かごかき(かごをかつぐ人)が、きゅうにかごをとめて、
「だんな、すみませんが、はだかになってください」
と、いいます。
「なんだと! おまえら、かご屋のおいはぎか! この、おいはぎかごめ! まだ日がくれたばかりなのに、もうひんむく気か!」
と、だんなは、腹立ちまぎれにいうと、
「いやいや、だんな、そうじゃないんです。このごろは、おいはぎめが出て、あぶなくってしょうがねえから、やられる前から用心して、着物をぬいで、下にしいてもらおうとおもってね」
と、かごかきがいいます。
 だんなも「なるほど、そいつは名案だ!」と感心して、いわれたとおり着物をぬぐと、しりの下にしいてしまいました。
 エイホウ、エイッホウ、
と、しばらくいくと、あんのじょう、大男のおいはぎが現れました。
「こらっ! 身ぐるみぬいで、おいていけ」
 すると、かごかきは、はだかのだんなを見せると、
「これこのとおり、このかごは、もう、おいはぎずみです」
「むむっ、それなら仕方がない、行ってよし」

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → スナックの日
きょうの誕生花 → さつき
きょうの誕生日 → 1963年 青山剛昌 (漫画家)

きょうの新作昔話 → 鹿でも馬でもない
きょうの日本昔話 → お月さまに化けたタヌキ
きょうの世界昔話 → ほらふき男爵 ワニとライオン退治
きょうの日本民話 → 命乞いに来たコイ
きょうのイソップ童話 → 黒イタチ
きょうの江戸小話 → おいはぎかご

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 08:03:51 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。