■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月19日の小話 ネコのまねしたお嫁さん

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月19日の小話

ネコのまねしたお嫁さん

ネコの真似したお嫁さん

♪ 朗読再生

 むかし、ある山の村に、せけんのことをよくしらないむすめがいました。
 あるとき、このむすめのところに、となりの村からつかいがきて、
「ぜひ、お嫁にもらいたい」とのこと。
 むすめのおっかさんは、
「こんなけっこうなはなしは、またとあるもんでない」
と、さっそく、むすめをよんで、言い聞かせました。
「いいかい。お嫁にいって、しばらくの間は、もらってきたばかりのネコみたいに、おとなしくしているんだよ」
「うん、わかった。ネコみたいにしておれば、いいんだな」
 むすめが台所をながめると、よそからもらってまもない三毛ネコが、かまどのかまのふたの上で、こっくりこっくりと、ねていました。
 さて、むすめはまもなく、お嫁入りをすませて、おむこさんの家でくらすようになりました。
 嫁入りの次の朝のことです。
 むすめは、だれよりもはやくおきて、かまどに火をつけ、ごはんたきをはじめました。
 そのうちに、
「そうだ。ネコみたいにしておらねば」
と、かまのふたの上にあがって、おすわりしました。
 そこに、おしゅうとめさん(おむこさんのおかあさん)が、
「もっとゆっくり、ねてりゃあいいに」
 ねぼけまなこで、やってきました。
 みると、嫁さんが、かまのふたの上にすわっています。
「あら! そんなところにあがって、なにをしているんだい?」
 おしゅうとめさんがびっくりしてきくと、むすめは、手で顔をなでまわしながら、
「ニャゴ、ニャゴ、ニャァーン」
と、かわいらしく返事をしたのですが、きみが悪いと、その日のうちにおいかえされてしまいました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → ベースボール記念日
きょうの誕生花 → イキシア
きょうの誕生日 → 1053年 白河天皇 (天皇(72代)


きょうの日本昔話 → たけのこのおとむらい
きょうの世界昔話 → 大きなカブ
きょうの日本民話 → ものをいうじぞうさん
きょうのイソップ童話 → オオカミが来た!!(オオカミと少年)
きょうの江戸小話 → ネコのまねしたお嫁さん

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:33:08 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。