■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月17日の小話 つみなひとだま

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月17日の小話

つみなひとだま

つみな人だま

 あるところに、ひとにおかねをかしては、たかいりそくをとって、おかねをたくわえた男がいました。
 にんじょう(人を思いやる気持ち)なんてものは、かけらもありません。
 やくそくの日がくれば、びょうにんのふとんまで、はがしてくる、という男でした。
 ある日の夕ぐれ、この男がかしたお金のとりたてに歩いていると、自分の耳のあなから、ふわーっと、人だま(→詳細)がぬけだして、どこかへ飛んでいってしまいました。
「たっ、たいへんだー!」
 人だまがぬけだすと、長くても三年のいのちと言われています。
 もしかすると、きょう、死ぬかもしれません。
「こうなれば仕方ない。せったく、たくわえたおかねだ。死ぬ前に、ぜんぶ使ってやろう」
 男はどんどん金を使いました。
 そして、すべての金を使って、一文無しになったとき、人だまが、ひょっこり戻ってきていいました。
「すまない、すまない。とびだす日をまちがえてしまった。おれが出て行くのは、あと五十年後だった。これからも、よろしくな」
「ばかやろう! いまごろかえってきても、おそいわ!」

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → おまわりさんの日
きょうの誕生花 → リアトリス
きょうの誕生日 → 1947年 今くるよ(漫才師)


きょうの日本昔話 → ちょうふく山のやまんば
きょうの世界昔話 → 小ウサギのしょうばい
きょうの日本民話 → まめになれないとうふ
きょうのイソップ童話 → ウシと車軸
きょうの江戸小話 → つみなひとだま

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 08:01:07 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。