■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月16日の小話 タイのおかわり

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月16日の小話

タイのおかわり

タイのおかわり

 タイの大好きな殿さまがいました。
 ごはんのときにタイがないと、ごきげんななめになってしまいます。
 そこで、けらいたちは、タイをきらさないよう、まい日、気をつかっていました。
 ところがある日、ひどいあらしのため、タイが一ぴきしか手に入りません。
 けらいが、そのタイをやいて出すと、とのさまはさっそく、はしをつけました。
「こりゃあ、うまい!」
 たちまち、おもてがわを食べてしまうと、
「おかわりをもってまいれ」
 けらいにいいつけました。
 とのさまはいつも、タイをおもてがわしかたべないのです。
「これはもう、さげてよいぞ」
「ははーっ」
 さて、けらいたちはこまりました。
 かわりのタイなどありません。
「どうしよう」
 けらいたちが、ヒソヒソ、そうだんしていると、だいどころで、はたらいていた女中(じょちゅう→住み込みのお手伝いさん →詳細)が、
「頭の悪い人たちだなあ。お殿さまはどうせ、タイのかたがわしかたべないのだから、ひっくりかえして出せばいいのに」
と、いいました。
「なるほど、それしかあるまい」
 けらいたちは、タイのうらがわをおもてにして、おそるおそるさしだしたところ、
「おお、ずいぶんと、はやくできたな。けっこう、けっこう」
 とのさまは、ごきげんで、「パクパクパク」と食べました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → ケーブルテレビの日
きょうの誕生花 → まつばぎく
きょうの誕生日 → 1966年 上杉和也・達也 『タッチ』

きょうの新作昔話 → 銀のさじ
きょうの日本昔話 → のさんの賭け
きょうの世界昔話 → くさったリンゴ
きょうの日本民話 → 金を拾ったら
きょうのイソップ童話 → 天文学者
きょうの江戸小話 → タイのおかわり

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:36:41 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。