■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月15日の小話 おしょうの約束

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月15日の小話

おしょうの約束

和尚の約束

 あるお寺に、けちなおしょうさんがいました。
 まいばん、小ぞうに、おかゆをたかせます。
 小ぞうのばんごはんもおかゆなので、はらがへってしかたがありません。
「おかゆをたかないですむくふうは、ないもんじゃろか」
 小ぞうは、いいことを考えました。
 あるばん、おしょうさんが食べるおかゆに、しおをたっぷりといれて、よなかに、のどがかわくようにしておきました。
 そして、水がめや、やかんの水を、すっかり空っぽにしておきました。
 さて、そのばんおそく。
 こぞうは白い着物をきて、井戸(いど→詳細)にかくれ、つるべ(井戸の中の水をくむためのおけ)のなわをにぎっていました。
 おしょうさんは、そんなことは知りません。
「今夜は、やけに、のどがかわく。井戸の水をくみあげて飲もう」
 ねぼけまなこで、井戸にやってきました。
 すると、井戸の中から、
「いまごろ、だれじゃ! わしは、井戸の神さまなるぞ。夜中に井戸をつかってはならぬ」
 こぞうは、こわい声でいってやりました。
「わ、わしは、この寺のおしょうです。今夜だけ、水を飲ませてください」
 おしょうさんが井戸の中をのぞくと、白い着物すがたが、ぼんやりとみえます。
「一てきも飲ませるわけにはいかん。だが、明日から、水を多くつかう、おかゆはたかないと約束するなら、今夜だけはゆるしてやろう」
「はい、これからは、けっしてたきません。ふつうのごはんにします」
 こうして、おしょうさんは、ようやく、井戸の水を飲むことができました。
 あくる日、こぞうが、
「今夜も、おかゆをたきましょうか?」
と、きくと、おしょうさんはあわてて、
「いや、いや、とんでもない。おかゆは、もう、こりごりじゃ」

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 暑中見舞いの日
きょうの誕生花 → たちあおい
きょうの誕生日 → 1937年 伊東四朗(タレント)


きょうの日本昔話 → ネズミ経
きょうの世界昔話 → ハメルンの笛吹
きょうの日本民話 → サル酒
きょうのイソップ童話 → アリとコガネ厶シ
きょうの江戸小話 → おしょうの約束

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:40:30 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。