■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月10日の小話 るすばんめがね

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月10日の小話

るすばんめがね

るすばんめがね

 むかし、江戸の神田(かんだ)に、有名なはんこ屋があった。
 そこの親父さんというのは、もう年よりで目が悪く、いつもめがねをかけて、仕事をしておった。
 ある日のこと。
 ひとりの客がやってきた。
 はんこをちゅうもんして、先にお金をはらうと。
「この十日に、きっと取りにくるから、その日にきちんと、わたしておくんなさい」
「はい、しょうちしました。十日には、かならず、おわたしいたします」
 はんこ屋の親父さんは、かたく約束して、金をうけとった。
 さて、十日になりました。
 れいのお客が、はんこを取りにやってきました。
 ところが、ちょうど親父さんがるすで、むすこがひとり、店番をしておった。
「せんだってちゅうもんした、はんこをうけとりたい」
と、いうと、むすこは、ふしぎそうに首をかしげて、
「あんたさんは、このあたりの方ではござりませんな。見も知らぬお方に、大事なお客さまの品を、おわたしすることはできません」
と、いうので、客はびっくりして、
「せんだって、おまえさんは、おやじどののそばに、ちゃんとすわっておったではないか。それを知らぬとは、とんだことをいわれる」
「そうはもうされても、わたくしも、るすをあずかる者。見知らぬ方に、大事なはんは、わたされませぬ」
 お客は、すっかり腹を立てて、大きな声で、
「わたしは、今夜の船で、大阪へいかねばならん。その前に、取り引きをすませるので、ぜひ、はんがいるのじゃ。それだからこそ、かたく約束して、金もちゃんとはらっておいたのに」
 金ときくと、むすこは、
(あっ、あのときの客か。)
と、やっと思いだしました。
 でも、いまさら、あやまるのもくやしいので、いいちえがないかと、しばらく考えておったが、
「では、ちょっと、お待ちなすって」
と、親父さんの仕事机のひきだしから、いつも、親父さんがかけているめがねを取り出しました。
 それを、自分がかけると、
「わたくしは、あなたさまを見知りませぬが、こうして、親父どのの、めがねをかけて拝見(はいけん)いたしますと・・・」
と、お客の顔を、じーっとのぞきこんで、
「なるほど。あなたは、たしかに、先日おいでのお客さま。はい、では、これを」
と、いって、できあがったはんを、お客の前にさし出しました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 路面電車の日
きょうの誕生花 → アカンサス(はあざみ)
きょうの誕生日 → 1977年 松たか子(俳優)


きょうの日本昔話 → テングの隠れみの
きょうの世界昔話 → ヘビの魔法
きょうの日本民話 → おじいさんとカニ
きょうのイソップ童話 → ワシのまねをしたカラス
きょうの江戸小話 → るすばんめがね

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:46:35 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。