■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月8日の小話 いうにいわれず

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月8日の小話

いうにいわれず

いうにいわれず

 むかし、むかし、ある山里(やまざと)に、亭主(ていしょ)と女房とむすめの三人が、仲ようくらしておった。
 ある晩のこと。
 近所から、重箱(じゅうばこ→食物を盛る箱形の容器で、2重・3重・5重に積み重ねられるようにしたもの)いっぱいのぼたもちをもろうた。
 三人で同じ数だけわけて食ベたが、さて、こまったことに、一つだけのこってしもうた。
 女房が、首をかしげて、
「こうして、一つだけのこりましたが、どのようにわけましょう」
と、いえば、むすめが、
「三人で歌をよんで、一番上手によんだ者が、食ベることにしましょう」
と、いうた。
 亭主も、
「それは、よい思いつきじゃ。では、こうしよう。わしが、
♪おもうようには、いうにいわれず。
と、下の句を出す。これに、一番上手に上の句をつけた者が、食べることにしよう」
 いわれて、むすめも女房もしょうちしました。
 そこで、さっそく三人は、上の句を考えた。
 一番先にむすめが、
「できました」
「では、いうてみなされ」
「はい。
♪朝おきて、まくらにまとう、みだれ髪
♪おもうようには、結うに結われず」
「なるほど、うまいことよんだものだ。それでは、わしがいくぞ」
と、亭主もまけずに、
♪行きちがう、舟に故郷(こきょう)のこと問えば
♪おもうようには、いうにいわれず
と、よんだ。
 さあ、むすめと夫に先をこされた女房ですが、あせればあせるほど、出てきません。
 考えても考えても、うまい上の句が思いつかないのです。
 はずかしくなって、顔が赤くなったが、いきなり、のこったぼたもちをつかむと、口の中ヘおしこんでしもうた。
 そして、びっくりしておるふたりを見て、女房は、
♪このように、口いっぱいにほおばれば
♪おもうようには、いうにいわれず
と、もぐもぐやりながら、すっかり食ベてしまいました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → バイキングの日
きょうの誕生花 → でいこ(アメリカでいこ)
きょうの誕生日 → 1955年 金子修介(映画監督)


きょうの日本昔話 → 清水の観音さまのお告げ
きょうの世界昔話 → お見あい
きょうの日本民話 → ツバメを愛した娘
きょうのイソップ童話 → アリに刺された男とヘルメス
きょうの江戸小話 → いうにいわれず

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:29:04 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。