■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月5日の小話 とっくり幽霊

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月5日の小話

とっくり幽霊

とっくり幽霊

♪ 朗読再生

 むかしからお酒の好きな人は、意地がきたないと言われています。
 お酒があるうちは、
「もう一本」
「もう一本だけ」
「ほんとに、もう一本だけ」
「最後にもう一本」
 などと言いながら、ついつい全部飲んでしまうからです。
 でもこれが出来るは、お酒を買える幸せな酒飲みで、お金のない酒飲みは、こうはいきません。
 さて、ある長屋に貧乏な侍がいました。
 大のつく酒飲みでしたが、その日ぐらしがやっとのありさまで、酒などめったに飲む事が出来ません。
 この男があるとき、病で倒れてしまいました。
 男はまくらもとに、おかみさんをよんで、
「わしがこのまま死んだら、なきがらはどうか、備前の国(びぜんのくに→岡山県)の土にうずめてくれ」
と、弱々しい声で頼みました。
「はい、それはよろしゅうございますが、あなたは備前の国には、縁もゆかりもないでしょうに」
 おかみさんが、不思議そうに言うと、
「わしはこれまで、好きな酒を思うように飲めなかった。せめて死んでからは、ゆっくりと酒を飲みたい。酒のとっくりは、備前の土で焼いたものが一番よいとされている。備前の土になってとっくりに焼かれれば、いつでも酒を入れておいてもらえるからな」
と、男はいいました。
 しばらくすると男はあの世にいってしまい、備前の土にうめられました。
「願い通りにしてあげたのだから、どんなに喜んでいる事でしょう。いまごろはもう、とっくりに焼かれておいしいお酒を入れてもらい、幸せにしている事でしょうね」
 おかみさんがそう思っていると、ある晩おそく、男が幽霊になって現れました。
「うらめしや~。水をくれえ、のどがかわいてたまらんのだ」
「あら? いったい、どうなされました。願い通り備前の土になって、とっくりに焼かれたのではありませんか?」
 おかみさんがきくと、
「ああ、お前のおかげで備前の土になることができ、とっくりにも焼かれた。しかし、それがとんだあてはずれでな。悲しいことに酒のとっくりではなく、しょうゆのとっくりなんだ。毎日しょうゆびたりだもんで、のどがかわいて、かわいて、たまらずに出てきたのだ。うらめしや~、水をくれえ」
「はいはい、いまあげますよ」
 おかみさんがひしゃくに水をくんでさし出すと、男はうまそうにごくごくと飲んで、すうっと消えていったそうです。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 熱気球記念日
きょうの誕生花 → ほたるぶくろ
きょうの誕生日 → 1949年 ガッツ石松(タレント)


きょうの日本昔話 → きっちょむの天のぼり
きょうの世界昔話 → 力持ちのノミ
きょうの日本民話 → 熊ん蜂(くまんばち)の山賊退治
きょうのイソップ童話 → キツネとブドウのふさ
きょうの江戸小話 → とっくり幽霊

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:58:57 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。