■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月4日の小話 日本一の親孝行

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月4日の小話

日本一の親孝行

日本一の親孝行

 両国(りょうごく→東京)のさかり場に、見世物小屋(みせものごや)が、ずらりとならんでおります。
 その中に、これはまた、ちょっとかわった見世物がありました。
「さあさあ、日本一の親孝行は、こちら、お代は見てからでけっこう。さあ、日本一の親孝行」
 いせいのいい口上(こうじょう→見世物の内容紹介)につられて、中にはいりますと、正面に七十ぐらいのおばあさんと、そのそばに、四十ばかりの男がすわっております。
 おばあさんが、
「これ、孝助(こうすけ)や。こしをたたいておくれ」
と、いえば、そばの男が、
「かしこまりました」
と、おばあさんのこしをたたく。
「肩をもんでおくれ」
と、いえば、
「かしこまりました」
と、肩をもむ。
「今夜のおかずには竹の子をほってきて、食ベさせておくれ」
と、いえば、
「かしこまりました」
と、神妙(しんみょう→すなお)にこたえる。
 そのあげく、おばあさんが、
「わしゃ、しょうべんに行きとうなった」
と、いえば、
「はい、かしこまりました」
と、むすこは、背中をさし出す。
 おばあさんがおぶさると、むすこは、舞台(ぶたい)をぐるりと一回りして、楽屋(がくや→関係者の部屋)へひっこんでしまいました。
 ここで、見世物師は、
「えーい、先のお方は、おかわりーっ」
と、見物人の入れ替えをいたしました。
 むかしは、こんな見せ物小屋も、けっこうありました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 虫の日
きょうの誕生花 → うつぎ
きょうの誕生日 → 1974年 和泉元弥(狂言師)

きょうの新作昔話 → 佐々木小次郎のツバメ返し
きょうの日本昔話 → 少女ギツネ
きょうの世界昔話 → 王子と指輪
きょうの日本民話 → 白鳥の関
きょうのイソップ童話 → ハチとシャコとお百姓
きょうの江戸小話 → 日本一の親孝行

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:34:43 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。