■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月2日の小話 あみがさのわすれもの

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月2日の小話

あみがさのわすれもの

あみがさの忘れ物

 そそっかしいさむらいが、たびのとちゅうのちゃみせで、ひとやすみしました。
「日ごろから、あわてものとわらわれておるが、こんどこそ、なにごともおちついて、わらわれないようにしよう」
 さむらいはそう心がけて、これまではしっぱいなく、たびをつづけています。
「どれ、でかけるとするか。うまにつけた、にもつはある。刀はしっかりさしているし、けらいもちゃんとつれている」
 さむらいは、ちゃみせをあとにしました。
 しばらくいくと、さむらいは、ハッとして、ちゃみせにかけもどりました。
「あみがさ(ワラなどで編んでつくった、日よけや顔をかくすための大きなぼうし)をわすれた。ここにあったろう」
 すると、ちゃみせのひとがわらいました。
「あみがさなら、あたまにつけておいでですよ」
 さむらいは、あたまに手をやりました。
「これは、おもいがけないところにあったものだ」

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 横浜港・長崎港開港記念日
きょうの誕生花 → ささゆり
きょうの誕生日 → 1949年 鷲尾真知子(声優)

きょうの新作昔話 → 縛られ地蔵
きょうの日本昔話 → 一人になった鬼の親分
きょうの世界昔話 → ギアッコ少年とマメ
きょうの日本民話 → テングに手を貸した和尚
きょうのイソップ童話 → 小ガラスと大ガラス①
きょうの江戸小話 → あみがさのわすれもの

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:58:26 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。