■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
6月1日の小話 つかのまの二万両

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 6月の江戸小話

6月1日の小話

つかのまの二万両

つかの間の二万両

 ある田舎に、とても貧乏な男がいました。
 いくら働いてもお金がたまらないので、男はおかみさんを家に残して江戸へ出かせぎにいきました。
 何年も頑張って働きましたが、けれどお金が貯まりません。
「どうしたものか。何か一儲け出来ないかな?」
 男は考えに考えて、ある名案を思いつきました。
「そうだ。江戸にはこんなに人がいるのだから、漬け物だってそうとうに食うだろう。
 漬け物作りには、漬け物石がかかせん。
 よし、漬け物石を売り歩こう」
 漬け物石にする石は、川に行けばいくらでも転がっています。
 元がただだから、もし売れればぼろもうけです。
 男はさっそく、元手いらずの商売をはじめました。
 けれどやっぱり、漬け物石はさっぱり売れません。
「困ったな。もう一文も残っていないし。・・・ええい、こうなればもうやぶれかぶれだ!」
 男は拾ってきた石の中からきれいなのを選んで、ていねいにふろしきに包むと、立派な宿屋にあがり込みました。
 やけを起こした男はここでさんざん贅沢をしてから、宿代をふみ倒して逃げるつもりです。
「おほん。これは大事な物だから、決して誰もさわらんでもらいたい」
 男は石の入ったふろしき包みを床の間に置くと、酒とごちそうをたらふく食べました。

 さて次の朝。
 男が朝風呂に入っている間に、宿のおかみさんが掃除にきました。
 そして床の間のふろしき包みを、置きかえようとしたときです。
 むすび目がとけて、中の石がゴロッと転がり出ました。
 するとその石が朝日を反射して、ピカピカと光り輝くではありませんか。
 おかみさんはビックリして、すぐさま主人に知らせました。
「お客さんが、大きな金剛石(こんごうせき→ダイヤモンド)をお持ちです。是非ともゆずり受けて、家の宝物にしましょう」
「金剛石か! よしわかった」
 主人はさっそく、男に頼みました。
「お客さま。どうかお持ちの石を、千両(せんりょう→七千万円)でおゆずりください」
「はあ?」
 男は、あっけにとられました。
 ただで拾ってきた石ころが千両だなんて、いくらなんでも高すぎます。
「そんな値段では、とても売れません」
 男は正直に、『これは拾ってきた物です』と言うつもりでしたが、主人は勝手に勘違いして値をつりあげました。
「では、一万両(→七億円)ではいかがでしょう?」
「いやいや、だから、そんな値段ではとても」
 男がうろたえると、主人はますます勘違いして、
「それでは思い切って、二万両(→十四億円)でどうでしょう?」
と、大変な値をつけました。
「よし、売った!」
 男は大喜びで二万両を受け取ると、大急ぎで我が家へ帰りました。
 ところが家は空っぽで、誰もいません。
「おかしいな。あいつ、どこへ行ったんだ?」
 いつまで待ってもおかみさんが帰ってこないので、男が近所の人に話を聞くと、何とおかみさんは男が出かけた後に急な病で死んでしまい、今はお墓に入っているとの事です。
「何だ、せっかく大金持ちになって帰ってきたというのに。・・・せめて、墓まいりをしてやろう」
 男がお墓にいくと、草がぼうぼうです。
「まずは、草むしりだ」
 男が草をむしりはじめると、
「いたたたたっ」
と、声がしました。
「へんだなあ? 草がものを言うわけがないし、気のせいだろう。もっとまとめて引っこ抜いてやるか」
 男がひとまとめにした草を、力まかせに引き抜こうとすると、
「お前さん! あたしの大事な髪の毛を抜いて、どうする気だい! ねぼけないでおくれ」
と、聞き覚えのある、おかみさんの声がしました。
「あれ? おれのかみさんは、とっくに死んだはずだが?」
 男が目をこすって見回すと、そこは我が家のえんがわでした。
「あちゃー。どうりで話がうますぎると思ったら、昼寝の夢か」
 男はあくびまじりに、大きなためいきをつきました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → スーパーマンの日
きょうの誕生花 → てんなんしょう
きょうの誕生日 → 1955年 千代の富士貢(相撲)


きょうの日本昔話 → 金太郎
きょうの世界昔話 → コルニーユじいさんの秘密
きょうの日本民話 → 生き返ったカジカ
きょうのイソップ童話 → やぶ医者
きょうの江戸小話 → つかのまの二万両

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:34:26 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。