■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5月31日の小話 じしゃく宿

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 5月の江戸小話

5月31日の小話

じしゃく宿

じしゃく宿

♪ 朗読再生

 宿場町(しゅくばまち→街道ぞいの、宿屋が集まったところ)の町はずれに、貧乏な宿屋(→詳細)が三げんありました。
 たいていの旅人は、そこをとおりすぎて、大きな宿屋にとまってしまいます。
「何とか、はんじょうする方法はないものか」
と、一けんの宿屋の主人は、考えていましたが、
「おおっ! いいことがある」
と、ポンとひざをたたきました。
 どこからか、大きなじしゃくを買ってきますと、げんかんにすえつけました。
 そして、旅人がやってきますと、細かくくだいた鉄くずを、パラパラパラッと、頭にふりかけます。
 すると、旅人は、じしゃくにすいよせられて、すーーっと、宿屋に入っていくのでした。
 それをみていた、むかいの宿屋の主人は、
「こいつは、うまい考えだ」
と、こちらも同じく、大きなじしゃくをすえつけました。
 旅人がやってきますと、二けんの家で、いきおいよく鉄くずをふりかけます。
 すると、おかしなことがおこりました。
 旅人は、両方のじしゃくにすいよせられて、どちらへもうごけず、立ちつくしたまんまです。
 それをみていた、べつのもう一けんの小さな宿屋の主人が、はたきを持ってくると、旅人の頭の上の鉄くずをはらいおとして、さっさと、自分の宿屋へつれていってしまいました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 世界禁煙デー
きょうの誕生花 → カラー
きょうの誕生日 → 1967年 萩原正人 (芸人)

きょうの新作昔話 → 三羽のカラス
きょうの日本昔話 → 五分次郎
きょうの世界昔話 → 長靴をはいたネコ
きょうの日本民話 → 家宝の皿
きょうのイソップ童話 → ミツバチとヒツジ飼い
きょうの江戸小話 → じしゃく宿

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:30:24 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。