■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5月12日の小話 つもりどろぼう

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 5月の江戸小話

5月12日の小話

つもりどろぼう

つもり泥棒

 あるながや(→詳細)に、貧乏なさむらいがいました。
 食べるのがやっとなくらいですから、うちの中には、どうぐらしいものなど、何一つありません。
 大事なものといえば、先のさびついた、そまつなヤリが一本あるだけです。
 さむらいは、まいにち、ひまをもてあましていました。
 あくびと、貧乏ゆすりのくり返しです。
「そうだ。たいくつしのぎに、いいことを思いついたぞ」
 さむらいは、かみをひろげると、なれない絵ふでをとって、たんすや戸だなや、火ばちをかきました。
 火ばちには、やかんもかきました。
 そして、そのかみをかべにはりつけました。
「よいよい。たとえ絵とわかっていても、ないよりはまし。ずいぶん、うちらしくなったわい」
 さむらいは絵をながめて、よろこんでいました。
 ところが、あるばんのこと。
 さむらいがねていると、こそどろがしのびこんできました。
 こそどろは、ひどい、きんがんでした。
 おまけに、部屋はまっ暗です。
「おっ、これはりっぱなたんすがあるぞ」
 こそどろは、たんすに手をかけました。
「・・・うん? いやにひらべったいたんすだなあ。ややっ、なんだこれは。紙にかいた絵だ。どろぼうをだますなんて、とんでもないやつだ」
 よくみると、戸だなも火ばちも、絵。
 これでは、何も取れません。
「せっかく入ったのに、何も取らずに帰ったのでは、どろぼうの名おれ。せめて、取ったつもりになろう。・・・よし、ひきだしをあけて、着物をぬすんだつもり。おびも、お金もぬすんだつもり。ぬすんだものを、ふろしきに包んだつもり。そして、どっこいしょっと、かついだつもり」
 こそどろが、おかしなことをはじめたけはいに、ふと目をさましたさむらいは、はじめのうちこそ、クスクスと、わらっていましたが、そのうちに、だんだん、はらがたってきました。
「たとえ絵にかいた品ものであれ、ぬすまれるのを、だまってみてはおれん」
 さむらいは、ヤリを取り出すと、
「おのれ、こそどろめ! かくごしろ!」
と、つき出しました。
 すると、こそどろもこころえたもの。
「ブスリと、ヤリでさされたつもり」
 わきばらをおさえて、すたこら、逃げ出しました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 看護の日
きょうの誕生花 → アスチルベ
きょうの誕生日 → 1961年 渡辺徹 (俳優)

きょうの新作昔話 → 悪魔のしっぽ
きょうの日本昔話 → まだわからん
きょうの世界昔話 → シンドバッドのぼうけん
きょうの日本民話 → テングを説きふせた男
きょうのイソップ童話 → 船旅をする人たち
きょうの江戸小話 → つもりどろぼう

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 07:33:23 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。