■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5月10日の小話 うどん

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 5月の江戸小話

5月10日の小話

うどん

うどん

 これは、うどんがまだ、たいへんめずらしかったころのお話でございます。
 うどんをごちそうするからというので、おしょうさまをはじめ、村の者がおおぜい、庄屋(しょうや→村長)さまのところヘよばれました。
 だれもが、うどんというものを食ベるのがはじめてで、どうして食ベたらいいのかわかりません。
 そこで、村の人たちは、おしょうさまのまねをすることにいたしました。
 みんなの注目のなか、おしょうさまは、うどんに汁をかけて、つるつるっと、すすりました。
 それを見て、ほかのものも、そのとおりまねをして、つるつるっと、すすりました。
 ところが、そのうち、おしょうさまは、
「は、はっ、はーくしょん!」
 大きなくしゃみをしました。
 するとどうでしょう。
 うどんが、鼻のあなから飛び出して、鼻水のように、ぶらーんとさがっております。
 ほかの者も、いそいで、
「は、はっ、はーくしょん!」
と、やったのですが、うどんは、なかなか鼻のあなから出てきません。
 あっちでも、
「は、はっ、はーくしょん!」
 こっちでも、
「は、はっ、はーくしょん!」
 なんベんやってもうまく出ませんので、
「えーい、めんどうだ」
 みんなは、うどんを手づかみにして、鼻のあなに、むりやり、ねじこんだということでございます。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → 日本気象協会設立記念日
きょうの誕生花 → しゃくなげ
きょうの誕生日 → 1970年 トモ (芸人)

きょうの新作昔話 → 母親と死んだ子ども
きょうの日本昔話 → あまのじゃくくらべ
きょうの世界昔話 → カムイルのぼうけん
きょうの日本民話 → カッパのトゲぬき薬
きょうのイソップ童話 → ライオンとロバとキツネ
きょうの江戸小話 → うどん

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 06:45:14 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。