■プロフィール

福娘

Author:福娘
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
5月9日の小話 けはえぐすり

福娘童話集 > きょうの江戸小話 > 5月の江戸小話

5月9日の小話

けはえぐすり

毛生え薬

 ちかごろ、あたまの毛がかなり薄くなってきた、はげのまき売りがいました。
 今日も、まきをかついで、一日じゅう売って歩いたが、けっきょく、十八文(六百円ほど)にしかなりません。
「まあ、いい。これで、毛はえ薬でも買おう」
と、薬屋の前までくると、
 《毛はえ薬 一包二十文》
と、書いてある。
「うむ、二文たりぬが、何とかなるだろう」
と、店に入った。
「こちらに、毛はえ薬があるそうだが」
「へえ、天下一ようきく、毛はえ薬でございます」
 番頭(ばんとう→従業員のリーダー →詳細)のさし出す薬を、まき売りは、指の先にちょっとつけてみておどろいた。
 もう指の先に、黒ぐろとした毛がはえている。
 びっくりして、ぬきとろうと、ひっぱったが、どうしてもぬけない。
 番頭がそれを見て、
「はい、その毛を切りそろえますと、りっぱな筆になります」
と、いって、なぐさめた。
 とにかく、効果てきめんなので、有り金の十八文を台の上において、まき売りは表に出た。
「もし、もし。お客さま。二文たりませぬが」
 番頭があわてて、おいかけてきた。
「そうか。まあ、二文ぐらい、まけておけ」
「いや、まかりませぬ」
と、番頭が薬をひったくろうとすると、まき売りはおこって、
「えい、こんなもの!」
と、薬の包(つつみ)を地面にたたきつけた。
「あっ、なんてことを」
「うるせえ、このやろう!」
 ふたりは、つかみあいのけんかになって、くんずほぐれつ、もみあっていたが、番頭のほうが強かったのか、まき売りはつきとばされて、地面に、しりをつきました。
 そのひょうしに、しりの下になった薬の包がやぶれ、まき売りのお尻につきました。
「けんかだ、けんかだ。けんかだぞー!」
 さすがはけんか好きな江戸っ子。
 あっというまに町の者が集まってきたので、はずかしくなった番頭は、あわてて店の中ヘ戻っていきました。
「気のどくに、大丈夫かい?」
と、みんながまき売りを助けおこしておどろいた。
「ありゃ!」
 まき売りのしりから、馬のしっぽの様に、長くてふさふさした毛が、生えておりました。

おしまい

きょうの豆知識と昔話

きょうの記念日 → アイスクリームの日
きょうの誕生花 → クレマチス
きょうの誕生日 → 1970年 テツ (芸人)


きょうの日本昔話 → 惚れ薬(ほれぐすり)
きょうの世界昔話 → オオカミと3人の娘
きょうの日本民話 → 白い竜
きょうのイソップ童話 → 水をたたく漁師
きょうの江戸小話 → けはえぐすり

hukumusume.com サイト一覧

スポンサーサイト


未分類 | 08:40:53 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。